流行の原因と対処法

インフルエンザの流行の原因と対処法について

インフルエンザは感染症の一種で症状が風邪に似ている特徴がありますが、症状が重篤化しやすく死亡する危険もあるので速やかな治療が必要になります。
特にウイルスが新しい型の場合は効果的な薬剤が開発されていないため流行しやすいので注意が必要です。
インフルエンザを発症させるウイルスは構造が単純なので変質しやすく、毎年のように異なる型のウイルスが発生します。
症状を抑える薬剤はそれぞれのウイルスの型に合わせて精製されているため、新しい型による症状には対応できない欠点があります。
そのため、多くの人に感染しやすくなります。
インフルエンザの流行を抑えるためには一人一人が衛生管理を徹底して、ウイルスを繁殖させないように気を配ることが大切です。
特に室内では乾燥した状態になるほどウイルスが活発に活動することから、湿度を調節できる加湿器などを使用するように心がけます。
また、手洗いやうがいによってウイルスの持ち込みを防いだり、感染しても発症しないように日頃から栄養の摂取に努めて健康を維持することも効果的な対処法です。

インフルエンザの流行に備えてなにができるか

毎年冬になると、インフルエンザの流行が心配されます。
「香港A型」「B型」など聞いたことのある方も多いと思いますが、年によって流行の型が異なり、ウイルスは変化していくので、毎年対処するのが難しいのです。
予防としてまず考えられるのが予防接種です。
医療現場ではたらく人や、不特定多数の人と接することが多い場合、また海外旅行などに行く際は、予防接種をしておくのがよいかもしれません。
この場合は体調をよくみて、医師のアドバイスをうけて摂取しましょう。
職場などによっては、費用をたてかえてくれることもあるので、確認してみましょう。
また、普段から抵抗力を付けておくのも重要です。
規則正しい生活や、十分な運動、食事、睡眠が基本です。
抵抗力が弱っていると、体がウイルスをやっつけることができず、長引いてしまうことにもなります。
それでもかかった場合に備え、日頃から体温計や食料、スポーツドリンクなどを買っておき、もしかかった場合は、診療前に病院に電話し、直接他人にうつさないようになるべく接触を控えましょう。

Valuable information

2018/1/11 更新